タグ別アーカイブ: 医療従事者向け情報

在宅医療・地域医療若手医師応援コース

若手研修医・後期研修医の皆さんへ

名古屋記念病院救急部では、下記のごとく、地域医療・在宅医療を担う若手医師の育成を目的に開業・在宅医療・地域医療コースを新設しました。

当院の得意とする栄養管理はもちろんのこと、褥瘡や閉じこもり対策など地域に貢献する医療の最先端を担ってみませんか?

医師不足が深刻な地方、かかりつけ医が足りない都市近郊部、在宅で終末期をむかえたい癌患者をサポート、いろいろな地域医療の場面で少しでも早く独り立ちしてバリバリがんばりたい若手医師の皆さん、一緒にがんばりましょう!

お問い合わせは、http://www.hospy.or.jp/kensyu/latter/index.htmlにアクセスしてみてください。募集は一応、当院の後期研修医枠で行っていますが、面談にて希望者は、年齢・経験年数は問いません。是非、一度お問い合わせください!

◎名古屋記念病院救急部研修・専修医カリキュラム

C) 開業・在宅医療・地域医療コース

Ⅰ. 一般目標

1. 一般目標1 (総論的)

地域医療の一環として、診療所や在宅医療の開業および医師不足の地域における医療活動に有用なオールマイティ、かつ医療資源と医療環境に適切に対応したフレクシビリティのある診療能力を総合医として身につける。基本的には、救急総合医としての知識・技術を駆使し、高度救命救急や集中治療に偏らない「かかりつけ医」的なポジションで、性別や年齢にかかわらず全ての患者の問題に対応する能力を習得する。医療環境によっては、専門医のサポートやマンパワーの獲得が困難な状況にも対応できる柔軟性や応用力も自ら創造できることを最終目標とする。

1)一診療医として、患者・家族に対する真摯な診療姿勢の確立。

2)限られた医療資源の中で、可能な限りの最善の医療の提供。

3)地域連携を土台とした適切な高次病院への紹介または高次病院からの受け入れ。

4)在宅医療の有用性を実践するスキルの習得。

5)医療情勢を踏まえた適切な情報分析・収集能力の獲得。

2. 一般目標2 (各論的)

卒後初期臨床研修を修了した後、救急医学総論、基本的手技、心肺蘇生法および救急診療に必要な診療技術を修得するだけでなく、総合診療、家庭医学、地域医療学にも精通する。また、関連する集中治療医学、感染症学、予防医学、麻酔学、ペインクリニック、呼吸療法、緩和医療なども修得する。

1)患者中心の医療を実践する。

2)家庭医として総合医として、いかなる場面、問題にも最善の結果を導けるよう努力する。

3)座学としてではなく、実地臨床症例を教師とし、体験から自己学習を促進する。
Ⅱ.到達目標 (救急医学会専門医業績に準ずる)

追加目標

1. 「患者中心の医療」を理解し、実践する。

2. 救急総合医・家庭医に必要な基本的身体診察のスキルを身につける。

3. 質の高いコミュニケーション・スキルを身につけ、良好な医師-患者関係を構築できる。

4. 小児、思春期、高齢者、女性などの特性を理解し、それに応じた対応ができる。

5. Common Problem、Common Diseaseに対する対応を理解し実践できる。

6. 患者・家族のライフスタイルを理解し、家族志向のケアを実践する。

7. 患者に対して、他職種からなるチーム医療を推進し、地域包括的ケアを提供できる。

8. EBM的手法を十分に理解し、実践・活用できる。

9. 医療経営の評価と管理ができる。

10. 健診、予防接種、介護保険制度のシステムを理解し活用できる。

11. 指導者として、地域医療の重要性とその特性が説明できる。

Ⅲ. その他の特徴

1. 褥瘡・創傷管理

湿潤療法

最新の熱傷管理

在宅管理できる褥瘡予防・治療

陰圧吸引療法

2. エビデンスに基づく栄養管理(NST活動)

経腸栄養・PEG管理

在宅TPN管理

アンチエイジング

成人病予防

3. 在宅理学療法

呼吸理学療法

ロコモティブ・シンドローム対策

4. 在宅呼吸管理

在宅酸素療法

NPPV

人工呼吸器管理

5. 口腔ケア・摂食嚥下障害対策

6. 緩和ケア・がん診療

7. 虐待・法律対応、医療安全、事故対策

8. 介護保険・地域医療

9. メンタルサポート、自殺対策、コミュニケーション・スキル

10.予防医学、ワクチン、感染症対策

11.心肺蘇生・救急教育指導

12.情報管理スキル・統計処理・財務管理など