第3回東海摂食栄養フォーラム(2019.1.19)参加申し込み

第3回東海摂食栄養フォーラム2019年1月19日(土)開催
~スキルアップでつながる地域と職種~
東海3県の摂食・栄養に関わる研究会の合同開催!
[日時]2019年1月19日(土) 10:00~17:00
[会場]第1会場:今池ガスビル(名古屋市今池1-8-1)
9階ガスホール、7階プラチナルーム、7階ダイアモンドルーム、
4階キッチンスタジオ
第2会場:ホシザキ東海(名古屋市中村区名駅5-21-3)
[受付]9:00~
[参加費]1000円 (当日1500円)
実習 各講座500円(複数参加の場合は500円✕講座数)
[主催]東海HEI和マニア
[大会長]武内有城(たけうちファミリークリニック)
[共催]東邦ガス株式会社
[後援]社団法人名古屋市歯科医師会、名古屋市介護サービス事業者連絡研究会、社団法人愛試験歯科衛生士会、公益社団法人愛知県栄養士会、公益社団法人三重県栄養士会、公益社団法人岐阜県栄養士会
*本会は公益財団法人 在宅医療助成 勇美記念財団の助成を受けています。

東海HEI和マニアとは・・・
愛知・岐阜・三重県で活動する食支援に関わる団体である 東海嚥下食研究会・在宅栄養支援の和・嚥下研究会食楽・岐阜KAIGO食・とよた嚥下食の○(輪)・坂井歯科医院 が地域の食支援の向上を目的とし結集した会です。

今回のフォーラムの特徴・・・
今回は、「職を支える地域のわ」として、地域における摂食栄養にかかわる全ての職種、特に在宅で取り組むスタッフ、ご家族、ご本人にわかりやすく、地域での実際の取り組みや具体的な食支援の方法を学んでいただける内容にしました。従来の「嚥下評価」「食事介助」「口腔ケア」の3部構成の教育実習に、ご好評をいただいている調理実習をさらに充実させました。病院向け調理実習は、スチコン(スチームコンベクションオーブン)を使用した嚥下食を実際に調理します。講演は、午前中は車いすのシーティング実習を企画しました。午後は、ラジオ番組「ドクターごとうの熱血訪問クリニック」のパーソナリティーで新宿食支援研究会で地域の摂食嚥下に取り組んでおられるふれあい歯科ごとうの五島朋幸先生と、認知症の食支援の第一人者の大阪大学大学院歯学研究科高次脳口腔機能治療学教室の野原幹司先生にお願いしました。

講演・シンポジウム
A)「食事ケアのためのポジショニング」        10:00~12:00
講師:医療法人誠佑記念病院 診療技術部 リハビリテーション室室長
理学療法士 北出 貴則 先生       [共催 フードケア]                                                           * ライブ聴講のみの場合は参加自由                                                                       * 実習参加希望は先着順24名(参加費500円)
B)「食べること生きること~最後まで食べられる街づくり~」        13:00~14:30
講師:ふれあい歯科ごとう 新宿食支援研究会代表
歯科医師 五島 朋幸 先生
C)「原因疾患別対応!認知症高齢者の食支援!」              講師:大阪大学大学院歯学研究科高次脳口腔機能学講座 顎口腔機能治療学教室  准教授 野原 幹司 先生教育実習

教育実習 1講座につき500円(一人1講座でお願いします)        D)「食を支える食選び」                         10:00~12:00
定員48名
旭労災病院 言語聴覚士            山本 美和 先生
西部医療センター言語聴覚士          立花 広明 先生
食事形態の選択は難しいものです。安全を重視すれば食の質は下がり、希望だけを重視すれば窒息の危険も出てきます。当実習は、嚥下障害にこれから関わろうと思っている初心者の方が対象です。基本の嚥下の評価方法(反復唾液飲みテスト、改訂水飲みテスト、フードテスト)を学び、実際に体験します。そして、検査の結果と食事中の観察から、どのように食事を選べばよいのか、考える方法をクイズ形式で学びます。実習の体験と丁寧な指導で、実際の臨床で使えることを目標とします。

過去2回の参加者の感想です。
・実際に実技で確認できるので、今までの経験と合わせて即実践できる
・実演もあり参考になりました。
・スタッフが各席へまわって教えてくださったので良かったです。
・問題形式が分かりやすかった
などなど好評を頂いており、98%の方がまた参加したいと回答しました!
E)「食を支える環境作り」~スッキリつるつるプロの技をあなたへ~           13:00~15:10
定員48名
桑名総合医療センター 歯科口腔外科 歯科医師 荒木 一将 先生
半田市立半田病院 摂食嚥下障害認定看護師   松田 朋子 先生        同        認知症看護認定看護師      福元 鳴代 先生
介助してもご飯を吐き出してしまうのはなぜ?
自分で食べられるはずなのに、なぜ食べてくれないの? などなど
認知症がある方への食事介助で困った経験がある方は参加必至です!
認知機能が低下している方は、まずは食環境を整えてあげることがKey Pointなんですよ
今回は食事介助の基本を踏まえつつ、認知症がある方に対しての食事介助のヒントや工夫について、自己体験を交えてお伝えしちゃいます
より多くの医療関係職や介護職の方々にもわかりやすいような内容になっていますので、ご安心ください!

F)「食を支える口腔ケア」                        15:30~17:00
定員36名
坂井歯科医院 院長          歯科医師 坂井 謙介 先生
大垣女子短期大学講師       歯科衛生士 三角 洋美 先生
口腔ケアは感染予防を始め、口腔機能向上などを目的に「食べる」を継続する上で欠かせないケアです。できているようで、できいない口腔ケアを現場で実践するきっかけにしていただければと思います。基礎講義と実際に歯ブラシやスポンジブラシを使ってインストラクターが各班について、手厚い実習を行います。特に歯科関係者以外の職種や介護職がわかりやすいように基本を中心の内容です。

調理実習実習費 1講座につき500円(一人1講座でお願いします)
G)「市販品を活用した嚥下調整食」 在宅向け                 9:30~12:30                              定員40名
名古屋記念病院          管理栄養士 田所 史江 先生
東海嚥下食研究会 調理師部会
在宅訪問時、在宅復帰時などの指導に活用できる調理実習です。嚥下調整食学会分類3,4を作ります。在宅で継続的に作るポイントは市販品や加工品を利用して簡単に短時間でおいしい食事ができるということです。「これならできそう!やってみよう!」と思われるレシピを伝授。参加の職種は問いません。実習後にはSTらによる物性評価で嚥下調整食の基準も確認できます。

H)「市販品を活用した嚥下調整食」 在宅向け         13:00~16:3030                   定員40名                              名古屋記念病院         管理栄養士 田所 史江 先生       JA愛知厚生連豊田厚生病院                                          医師     渡口 賢隆 先生        岐阜KAIGO食を考える会                                           歯科医師  戸田 敦子 先生
東海嚥下食研究会 調理師部会                                                                                 *GとHはほぼ同じ内容ですが、午後にはVEの実習があります。

I)「賢く、効率よくスチコン活用であっと驚く嚥下調整食」          病院・施設向け         ホシザキ東海本社ビル 1F                定員42名                                                     講師: 介護付有料老人ホームTo-be 主任調理師 小笠原 隆之 先生                          [共済 ホシザキ東海、ニュートリー、林兼産業]                                                       東海学園大学准教授      管理栄養士 徳永 佐枝子 先生
トヨタ記念病院        管理栄養士  福元 聡史 先生
どなたでもご参加できますが、病院や施設などですでに嚥下調整食を導入しワンランクアップを目指す方を対象とした調理実習です。嚥下調整食学会分類1j~3を作ります。少量で高カロリー摂取を目指すポイントや酵素軟化法のコツ、見た目にもこだわり食欲をそそる嚥下食作りのコツを学びます。給食管理をする上で必須の給食経営の視点からもアプローチしていきます。

■お申込みについてのお願い
・時間が重複しないように選択してください(一つのみ選択でも可)。
・講演Aの実習、講座D、E、F、G、H、I、は実習のため参加費に加え、講座ごとに別途500円が必要になります。
・調理実習G、Hはどちらか一方のみの参加となります。
・お申込みは先着順です。各講座が定員に達した場合、その講座の受付けは終了させていただきます。
■キャンセルの場合
・お申込み後、キャンセルされる場合は必ずご連絡下さい。
■フォーラム当日のお願い
・9階ガスホール内は飲食禁止となっています。お食事は、ガスビル内もしくは近隣の店舗をご利用ください。
・お昼はお弁当などの用意はありませんので各自ご用意をお願いいたします(7階プラチナルームを食事スペースとして開放いたします)。
・会場へお越しの際や会場間の移動には、公共交通機関をご利用ください。
■個人情報の取り扱いについて
お申込みの際ご記入いただきました個人情報は本研究会のみで使用し、その他の第三者に提供することは
ございません。適切な安全措置にて保管し、試用目的終了後はすみやかに破棄いたします。

東邦ガス特典 〜ガス・電気らくらくシミュレーション〜
当日、 ガスの検針票 または 電気の検針票 を1ヶ月分ぜひご持参下さい。
お得な料金シミュレーションを実施いただいた方には粗品をプレゼント!
※粗品はなくなり次第終了とさせていただきますのでご容赦ください。

 

A実習と教育実習E,調理実習Hは締め切りました(2018年12月19日)