末梢栄養点滴の考察(2016年7月24日)

80歳女性寝たきり 身長140cm 体重35kg 病名:老衰

この患者さんに、ビタミンB1・糖・電解質・アミノ酸輸液を有効に投与するために・・・
Harris-Benedictの式
BEE 860kcal 活動係数1.0 ストレス係数1.2  必要エネルギー量 1032kcal/日


データ1:
35kgの総蛋白質量 体重×16% 5.6kg 5600g その半分2800gが筋蛋白
1日の必須タンパク質喪失量 54mg/kg/日 体重35kgで1.89g/日 約2g/日
ちなみに、Gambleスタディ
タンパク質節約効果を期待するには、ブドウ糖100g/日が最低量 これで節約効果1/2
ブドウ糖はこれ以上投与してもタンパク質節約効果がないとされる
全くの飢餓でタンパク質400g/6日で喪失
すなわち、6日間で412gタンパク質喪失するので40.7日で筋蛋白質全て失うことになる
ブドウ糖100g投与(それ以上いくら投与しても同じ)で、
212g/6日タンパク質喪失(35.3g/日)
すなわち、80.3日で筋蛋白はなくなる計算
このデータとみごとに一致するのが、35kgの人が筋蛋白を維持するのに必要な蛋白質必要量は1g/kg/日にて35g/日


データ2:
非タンパク質カロリー窒素比 150の事実
すなわち、投与窒素が全て筋蛋白に使用されるためには、その他の栄養素(主に糖質)で150倍カロリー量が投与される必要があり。35gのタンパク質の総窒素量は5.6gなので
つまり、5.6×150で840kcal/日必要となります。
ビーフリード4本+20%脂肪乳剤1本でギリ(計800kcal)。ちなみに体重35kgに輸液2000mL施行する人はいません。体重35kgの高齢者に推奨する輸液量は×25-30mL
で875~1050mLですよね。

以上から、
ビーフリード1本(210kcal、ブドウ糖37.5g150kcal、タンパク質15g、窒素2.35g)/日の投与でタンパク質節約効果が期待できる人は・・・
必須喪失タンパク質2g/日+1日喪失予想タンパク質35g/日の合計37g/日をおぎなうために、投与タンパク質がすべて筋蛋白合成に使用される必要があり。そのためには、37÷6.25=5.92gの窒素×150=888kcalの非タンパク質カロリーを確保する必要があり、ビーフリード150kcal以外にタンパク質以外で738kcalを必ず経口摂取している(条件1)。
筋蛋白崩壊を1/2にするために、ブドウ糖100g投与が必須なので、62.5gのブドウ糖を必ず経口で摂取していること(条件2)
最後に、さらに22g/日のタンパク質を必ず経口摂取していること(条件3)
これらの条件を全て満たすには、定食を毎日1食欠かさず食べている患者さん、もしくは毎回食事摂取量が3割の人になります。それだったら、栄養ドリンクなら、エネーボ2本+α
そこまでのめたら、エネーボ3缶でコンプリート
もし、どうしても末梢点滴だけでなら、譲歩してビーフリード2本+イントラリピッド20%2本でもやはり難しい?

アミノ酸の有効利用は難しいですね。ご意見お待ちしています。